YOUは何しにEYへ? ボクサー、地方移住、ワーキングマザー。多様な働き方が尊重される柔軟な組織

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 蟹江氏、橋ノ口氏、近藤氏 インタビュー

Big4の一角、EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(以下、EYSC)は、2020年10月に組織再編しConsultingサービスラインと、戦略的トランザクションを支援するStrategy and Transactionsサービスラインを擁する法人としてスタート。
今回は、EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービスから多様性のある働き方を実践している3名をお招きしました。マネージャーを担いながらプライベートではボクサーとしても活躍する蟹江様、東京所属で福岡在住のフルリモートワーカーであるシニアコンサルタントの橋ノ口様、1歳児の育児をしながら業務に取り組むコンサルタントの近藤様をお招きし、EYの魅力や、ニューノーマルな働き方に向けた取り組み、候補者へのメッセージを伺いました。

  1. これまでのキャリア
  2. EYを選んだ理由と入社後の印象
  3. ニューノーマルな働き方に向けた取り組み
  4. EY PASに興味のある方々へのメッセージ
  • これまでのキャリア
  • EYを選んだ理由と入社後の印象
  • ニューノーマルな働き方に向けた取り組み
  • EY PASに興味のある方々へのメッセージ

蟹江 蓉子(マネージャー)Yoko Kanie
新卒でIT企業に入社し、人事給与システムの導入コンサルタントとして経験を積んだ後、会計系コンサルティングファームへ転職し、人事・タレントマネジメント分野のコンサルティングの経験を経て現職。 人事給与のシステム導入、グローバルプラットフォーム構築、タレントマネジメントシステム導入など人事とテクノロジーの領域で10年以上のキャリアを持つ。 プライベートではプロライセンスを取得し、ボクサーとしても活動中。

橋ノ口 祐弥(シニアコンサルタント)Yuya Hashinokuchi
国内IT企業を経て現職。キャリア初期から一貫して人事給与の業務プロセス&テクノロジーのコンサルティングに携わり、特にSAP SuccessFactors Employee Central Payroll(ECP)を基盤とした新業務体制の導入を得意とする。 東京に所属しながら、福岡市の自宅をメインに勤務しており、フルリモートで大規模プロジェクトを完結した実績を持つ。

近藤 すみれ(コンサルタント)Sumire Kondo
パッケージベンダー、事業会社の人事部を経て現職。 人事給与の導入の経験を経て当時働いていたベンダーの自社製品のユーザーであった事業会社の人事部に転職する。事業会社では人事業務に携わりながら人事部門のIT担当としてタレントマネジメントシステムの導入に従事し現職に至る。EYでは、タレントやLMSの分野での導入を担当し、昨年1月に出産し育休を取得後昨年末より復帰。現在、育児と仕事の両立に奮闘している。

■ これまでのキャリア

movin:

本日はインタビューのお時間を頂き、ありがとうございます。
最初に、EY入社に至るまでのキャリアをお聞かせください。

蟹江様:

IT企業での人事・給与のシステム導入コンサルを経て、コンサルティングファームにて人事プラットフォームの構築やグローバルのタレントマネジメントシステム導入などを経験し、EYにジョインしました。
新卒でIT企業に入社した際はパソコンを使うのが苦手でした。周りはプログラミングが得意な人が多く、ITスキルの差に苦労しました。ITスキルのない私が就職先にIT企業を選んだのには理由がありました。大学3年生の就職活動を始めた時、「これからは英語とITの時代だ」と思いました。英語の勉強は好きだったため自力でも習得できると考えた一方で、ITスキルは強制されないと身に着けられないと思い、IT企業を就職先にしました。IT企業へ入社すると、自社開発した人事・給与のパッケージソフトを導入する部署に入り、そこで7年ほどキャリアを積みました。
その後、人事システムの導入から幅を広げて人事領域のコンサルティングを行うためコンサルティングファームに転職しました。そこでは、タレントマネジメントシステムおよび制度の導入や人事プラットフォームの構築を行いました。その後、マネージャーの立場としてより広い範囲に責任を持ち、プロジェクトを回したいと思い、EYに転職しました。EYに入社してからは、英語を主としてクライアントコミュニケーションをするプロジェクトに参画し、打合せや資料作成など毎日英語を使う機会に恵まれました。
新卒でIT企業に入社してから気が付くと、「IT」×「人事」の領域に13年いました。今は、英語も加わって「IT」×「人事」×「英語」を自分の強みとして働いています。

橋ノ口様:

私は学生時代を福岡で過ごし、就職を機に上京しました。新卒入社したシステム会社に 2 年半在籍したのち、EY に入所しています。
前職では、大手企業に対する人事給与 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の導入コンサルティングを担当しました。BPO サービスは、その名のとおり、クライアントの新しい業務プロセスそのものを提供するサービスであり、予ねて「システム」の販売を強みとしてきた前職会社の中では一風変わった役割を担っていました。このような経験から、システムの会社に在籍しつつも、システムの技術的知識を追い求めるだけでなく、その裏にあるオペレーションフローを含めた"業務の全体像”を意識する習慣がキャリア初期から強く植え付けられていきました。
私自身は人事給与業務が好きで、極めていきたい気持ちが強かったのですが、前職会社において従事していた人事給与 BPO サービスの提供終了が決まったため、コンサルティングファームへ挑戦することを決心しました。そんな中、若くして人事給与の業務プロセスとシステム導入をひと通り経験しているキャリアを評価してくれた現在の上司からEYに誘われ、今に至ります。
転職活動においては、EYの競合となるファームのチームリーダー方ともお話しさせていただきましたが、結局自分にとっては EYがベスト!という結論に至りました。

近藤様:

新卒でベンダーに入社し自社製品のERPシステムの勤怠・人事・給与分野で導入コンサルを経験後、当時の自社製品のユーザーであった事業会社で人事部のシステム担当としての経験を積み、EYに転職しました。新卒でベンダーに入社した際は「専門スキルを身に着けながら社会の課題解決に貢献したい」という漠然とした意識で行き着いた先がITの分野でした。
当初、新卒の就職活動の中で「ITソリューション」という言葉をよく耳にし、これからはITの時代だと考えてITの専門性を高めたいという思いでベンダーに入社しました。しかし、入社してから人事系システム担当に配属になり先輩方がITのスキルだけでなく人事の専門性において幅広に勉強されている姿を目の当たりにし、ITにプラスアルファで専門分野を身に付けていかなければと痛感しました。
当初任されていた人事給与の分野はどの会社でも重要かつ必須のオペレーションという意味で重みを感じると同時に面白みがあり、「ITと人事」という領域の専門性を深めていこうとその後のキャリアをイメージしていました。そのため、次の転職先として人事部門でシステムユーザー側の立場で仕事をしてみたいと思い、事業会社に転職しました。
事業会社での経験は人事の業務オペレーションの経験を積むという意味ではいい経験でしたが、貢献の範囲が特定の組織に限られ、当初の「専門スキルを身に着けながら社会の課題解決に貢献したいという」という志向を考え直し、自社の従業員にとどまらず様々なクライアントを対象にソリューションを提供していきたいと思い再転職を決意しました。この時の転職先としてはベンダーとしてシステムの領域にとどまらずに人事領域の分野でもソリューションを提供する経験をしたいと思いEYを選びました。EYではシステムや制度など領域を超えてチームにジョインできるチャンスがあるというのが特に魅力でした。

■ EYを選んだ理由・入社後の印象

movin:

御三方とも、様々なキャリアを経て入社されたようですが、新天地として、EYを選んだ理由は何でしょうか?また、入社後の印象はどうでしたか?

蟹江様:

一つの専門領域に留まったプロジェクトアサインではなく、希望すれば他の領域でのプロジェクト経験を積むことができると考えたからです。例えばSAPの人事領域の経験者はそこの領域でしか知識を積めないような仕組みになっている会社もありますが、EYではそういった壁がなく、一つの領域である程度経験を積んだら、別の領域でも経験を積むということができます。サクセスファクターズの導入など人事システム導入のプロジェクトにてシステム領域の知見を増やした後、人事・組織の制度設計やチェンジマネジメントのプロジェクトに入り、システム領域とは異なる視点で考えたり専門性を身につけたりすることができます。
また、EYにはプロジェクトメンバー同士サポートし合う風土や、カウンセリングファミリーという制度にてプロジェクトの垣根を越えてキャリアの相談ができる仕組みがあるもの魅力的だと感じました。カウンセリングファミリーという制度があることは入社前の面接にて聞いていましたが、実際に入社してみると、名ばかりの制度ではなく、一人一人にカウンセラーが付き親身になってキャリア相談に乗ってくれるので驚きました。

橋ノ口様:

EYはグローバルでは高いブランド力がありながら、日本の範囲内で見るとまだまだ成長過程の組織で勢いがあり、意志さえあれば若くても重要なポジションでの職務経験を得られるのではないか、という期待があったからです。
まさに、私が入社した当時、担当するSAP人事給与ビジネスチームは立ち上げの真っ最中であり、みんなで会議室に集まって、SAP給与の基礎の基礎をトレーニングしていくところから始まりました。学習と実践を地道に繰り返して専門性を高め、今では社外から公式に表彰されるほど、業界内でも評価を得るチームに成長してきています。
組織全体として、私が入社して数年たった今も右肩上がりに成長を続けていて活気があり、社員ひとりひとりのチャレンジを後押ししてくれる雰囲気も残っているので、勢いのあるチームに身を置いて自分の事業を大きくする過程を楽しみたいという方には、打って付けではないかと思います。
また、もうひとつ魅力的だったのは、競合他社と比べて各国拠点との横の繋がりが強いということでした。
Japan PASはAsia-Pacific(以下APAC)エリアの一組織として各国PASと強いネットワークを持っており、私自身もクアラルンプールで開催されるAPAC PAS各国からのマネージャー/シニアコンサルタントを対象としたトレーニングプログラムに参加するなど、グローバルに強いファームだからこその貴重な経験を積むことができています。

近藤様:

EYを選んだのはEY社員の人当たりの良さを感じたということが大きいです。面接をする中で私に対して否定的に質問をするのではなく、より詳細に話を聞いてくれていたため、EYに対してトップダウンではない風通しの良さを感じました。入社後もこの点にギャップはありませんでした。また、入社後の印象としては、教育体制が整っているというのが特に強かったです。システムの知識を深めるための部署内の勉強会はもちろん、人事制度や概論など、人事の領域に携わるうえで必要な知識が定期的に提供される場もあり、システムの領域を超えてプロジェクトに参加したいと考えている私には特に興味深い勉強会が多くあります。

■ ニューノーマルな働き方に向けた取り組み

movin:

蟹江さんはマネージャー兼ボクサー、橋ノ口さんは移住地福岡からのフルリモート勤務、近藤さんは仕事と育児の両立など、「ニューノーマルな働き方」に積極的に取り組まれている印象ですが、これを踏まえEYで働くことの魅力はどういったところにあると思いますか?

蟹江様:

自分が大切にしていること、私の場合はボクサーとしての活動ですが、それらを公表し、受け入れて応援してくれる多様性のあるメンバーが多いのは魅力的だと思います。
仕事は生活や人生の一部であり、それを充実させることは大事です。私も仕事をしている時間は全力で取り組みたいと思っています。だからといって、食事や就寝の時間以外は全て仕事をすればよいというのもまた違うと思います。仕事をしていない時間にふとアイディアが閃いたり、趣味や家族との時間を楽しむことでリフレッシュができ仕事にも熱が入ったり、仕事以外で得られる経験により、人としての魅力が増すように感じます。趣味や家族と過ごす時間を大切にすることで、仕事の時間は仕事に集中して取り組むことができるのではないかと思っています。私も夜はボクシングジムでの練習があるので、ジムに通う時間を作るため、仕事も効率を考えて集中して進めています。
仕事とプライベートとどちらの時間も充実させることにより、相乗効果でより良い成果を生むことができるのではないかと感じています。それを実現できる環境がEYにはあると思います。

橋ノ口様:

ご紹介いただいたとおり、私は入社して数年は東京の日比谷オフィスで勤務しましたが、昨年から「EYフレリモ(EYフレックス&リモート)」という人事施策を利用して、地元福岡に戻りフルリモートで勤務しています。この働き方も早1年が過ぎました。
東京に本社を置くクライアントを相手にすることが多いので、福岡に戻って東京の仕事を続けるという決断に至るのにはかなり覚悟が要りましたが、実際にやってみるとそれなりに工夫してやっていけるもので、おかげさまでフルリモートでのプロジェクトの完遂も経験しました。
福岡在住である私の他にも、大阪在住の方などもいますが、組織全体として出社する、しないの判断は各人に概ね委ねられており、最近では居住地問わずほぼリモートで進められていくプロジェクトも多いので、私だけ福岡に在住していても特に業務上の違和感はありません。
私たちのようなCS社員の場合、出社コアタイムは撤廃されており、勤務時間帯を個人で変更できるフレキシブルタイム制も導入されているので、1日の過ごし方をある程度自由に組むことが出来ます。私の場合、家だとオフィス以上に黙々と作業に当たることができ、リモートワークのメリットを享受できている方ですが、そのぶん体力・集中力を日中に使い果たしやすいので、夕方には早めに食事、入浴などの休憩を取って、それから改めて少し作業をしてから1日を終えるという柔軟性を持てるところが気に入っています。

近藤様:

昨年11月に産育休から復帰し、フルタイムで働いています。休職前と同じ勤務形態で働けているのはEYが柔軟な働き方を許容してくれている部分が大きいと思っています。
最近では、出社判断は個人に委ねられていてテレワークを基本とできるプロジェクトも多く、コアタイムも廃止されているため、クライアントとの打ち合わせの場合を除いては、保育園の送迎に合わせて勤務時間を調整することができています。そのため業務開始時間をやや早めにし、保育園の送りの時間には一時中抜け、その後自宅でテレワークという時間を効率的に使える働き方ができています。
しかし、子どもは急に体調不良になるので、保育園を休むといつも通り仕事ができない時もあります。そんな時は同じプロジェクトのメンバーが現在の状況を理解してくれ、急な休みやよりフレキシブルな働き方を許容してくれます。
働き方にとどまらずEYでは育児と仕事を両立させるためのサポートもあり、「育児コンシェルジュ」に復帰後の働き方の相談にのってもらったりもしました。

■ EY PASに興味のある方々へのメッセージ

movin:

EYに興味はあるけれども、一般的に激務と言われるコンサルティングファーム業界に対して不安を感じている若手も多いと思います。そういった方々にお伝えしたいことはありますか?

蟹江様:

コンサルティング業界は、激務なため食事と睡眠の時間以外は仕事をしているというようなイメージを持たれている方もいるかもしれません。EYでは、時間の使い方は本人に任されている部分が多いので、仕事の時間とライフワークの時間をコントロールして、趣味や家族との時間も大切にできる環境があります。「子供を保育園から迎えに行く時間」を予め一日のスケジュールに組み込んでいて、プロジェクトの打合せ時間とバッティングしないようにしている方もいます。家庭の用事を公表し、受け入れてもらえるのもEYの良いところです。
キャリアについては、これまでのキャリアを活かして仕事をしたい方はもちろんのこと、領域を広げて経験を積みたい方、今までのキャリアとは別の領域にチャレンジしたい方のどちらも歓迎しています。

橋ノ口様:

コンサルティングファームへの転職を目指す皆さんは、熱意と向上心に溢れた方々と思います。
EYは、研修や育成プログラムが充実しており、特に若手に対してのサポート体制が手厚いです。自分から意志を示せば、どんどんチャレンジでき自己実現していける環境があります。
短期的な利益を追い求め、育成を疎かにしがちなこの業界において、EYの企業文化はかなり稀有で、私の周りのEYコンサルタントは口を揃えてこの点を評価しています。
私たちの業界では、進んで学習する姿勢、当事者意識を持って仕事をやりきる姿勢、地味な作業にもコツコツ取り組む粘り強い姿勢が求められます。この業界で仕事をしていると、苦しい時期は必ず訪れますが、ぐっとこらえてその時をやりきることで、希望に満ちた未来の自分に出会えることが期待できる環境です。
どんな局面でも、ポジティブに、謙虚に、常に楽しみながら仕事に取り組める仲間にお会いできるとうれしいです。

近藤様:

人事やシステムの分野での知識がなくても、EYでは中途採用者向け研修プログラムや社内の勉強会等、知識をインプットできる場が定期的にあり、学習意欲さえあれば習得していくチャンスはたくさんあります。私はコンサルティング未経験でしたので、業務をこなしていけるかということに不安はありました。しかし業務を通じてチームリーダーなどから指導を受け、コンサルのベーシックスキルはプロジェクトに参加する中で身に付けていくものだと感じています。同じようにコンサル未経験で敷居が高いと感じている方は、スキルを向上させたいという意欲があるなら迷わず最初の一歩を踏み出してみてください。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービスにご興味のある方へ

またコンサル業界全般の動向や今後のキャリアについての無料プライベート相談会を随時開催しております。 最新の採用動向や求人情報などの情報提供をさせていただきながら、ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながら、最適なキャリアチェンジ機会のご紹介、キャリアチェンジ成功のためのアドバイス等できればと思っております。 お気軽にお問合せください。

特集・インタビュー:EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス スペシャルインタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス スペシャルインタビュー パートナー 鵜澤氏(EY Japanの人事組織コンサルティングサービス事業責任者)にEYの新たなビジネス戦略や組織風土、求める人材像などを聞いて参りました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 野村氏、吉田氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 野村氏、吉田氏 インタビュー 「トップ人事コンサルタント2名が語るキャリアのつくり方」と題しまして、エグゼクティブ・ディレクター野村氏、マネージャー吉田氏にこれまでのご経歴とEYを選ばれた理由、実際に入ってみてのご感想など伺って参りました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 高柳氏、小野氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 高柳氏、小野氏 インタビュー 「金融×グローバル×新サービス=? 人事コンサルの新しい方程式」と題しまして、ディレクター 高柳氏、マネージャー小野氏にこれまでのご経歴とEYを選ばれた理由、実際に入ってみてのご感想など伺って参りました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス パートナー田口氏、シニアマネージャー山本氏、高浪氏、新免氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 田口氏、山本氏、高浪氏、新免氏 インタビュー 組織・人事コンサルティングチーム(PAS)に所属するパートナー田口氏をはじめ、シニアマネージャー山本氏、高浪氏、新免氏にこれまでのご経歴とEYを選ばれた理由、実際に入ってみてのご感想など伺って参りました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス マネージャー吉田氏、シニアコンサルタント菅野氏、石井氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス マネージャー吉田氏、シニアコンサルタント菅野氏、石井氏 インタビュー 「女性×コンサルタント」というキャリア。マネージャー吉田氏をはじめ、シニアコンサルタント菅野氏、石井氏にこれまでのご経歴とEYを選ばれた理由、実際に入ってみてのご感想など伺って参りました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス パートナー水野氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス パートナー水野氏 インタビュー パートナー水野氏にこれまでのご経歴とEYを選ばれた理由、そしてEY PASが標榜する「ピープルアドバイザリー」についてお話を伺って参りました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス株式会社 シニアマネジャー桑原氏、マネージャー大川氏、中山氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス シニアマネジャー桑原氏、マネージャー大川氏、中山氏 インタビュー シニアマネジャー桑原氏をはじめ、マネージャー大川氏、中山氏にこれまでのご経歴とEYを選ばれた理由、BBWW(Building a better working world)について、そしてEY PASにご今日のある候補者様向けのメッセージも頂きました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 上野氏、上田氏、山田氏、笛木氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 上野氏、上田氏、山田氏、笛木氏 インタビュー 事業会社からどのように今のポジションにつくことになったのか。今回は事業会社出身者の皆様からEYを選ばれた理由、そしてEY PASにご興味のある候補者様向けのメッセージも頂きました。

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 蟹江氏、橋ノ口氏、近藤氏 インタビュー

EYジャパンピープル・アドバイザリー・サービス 蟹江氏、橋ノ口氏、近藤氏 インタビュー マネージャーの蟹江様をはじめ、シニアコンサルタントの橋ノ口様、コンサルタントの近藤様をお招きし、EYの魅力や、ニューノーマルな働き方に向けた取り組み、候補者へのメッセージを伺いました。

クライアントと共に金融業の変革に臨む「組織・人材・人事」のプロフェッショナル集団始動!

クライアントと共に金融業の変革に臨む「組織・人材・人事」のプロフェッショナル集団始動! 人事・組織コンサルティング部門内で金融機関に特化した新チーム(FSO)を立ち上げるにあたり、パートナーの田隝氏、シニアマネージャーの平野氏、シニアコンサルタントの工藤氏にEYSCを選んだ理由やPC-FSOのミッション等を伺いました。

ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー オンラインキャリアセミナー 2024年7月23日(火)19:00 締切:2024年7月11日(木) ベイン・アンド・カンパニー キャリアセミナー ベイン・アンド・カンパニーが、グローバルリーダーを目指すビジネスパーソンを対象にオンラインキャリアセミナーを開催いたします。希望者にはケース面接対策ワークショップを実施いたします。是非ご参加ください

KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 毎週第一・第三水曜日 12:00~13:00 KPMGコンサルティング ランチタイム オンラインイベント 現場で働く生の声を候補者に届けようとスタートした取り組みで、毎週、現場社員と採用リクルーターがトークセッションを実施しています!是非お気軽にご参加ください!

ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 開催日程多数! ライズ・コンサルティング・グループ キャリアセミナー 高年収かつWLB良好!コンサル経験者必見!急成長中の総合系コンサルティングファームでキャリアセミナー開催!

DTFA 事業再生部門 一日選考会 2024年8月3日(土) 締切:2024年7月28日(日) DTFA 事業再生部門 一日選考会 内定獲得者多数!有名FASで事業再生に関わりたい方はこの機会にご応募下さい。

【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 2024年7月20日(土)締切:2024年7月16日(火) 【外資系コンサル】アバナード アドバイザリー部門 一日選考会 未経験から外資系コンサルへ!アバナードにて一日選考会が開催されます。エンジニアやSler出身者、コンサル経験者はこの機会にご応募ご検討下さい。

その他セミナー一覧はこちらから

SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。 SDGsプロジェクト始動! ムービンは持続可能な開発目標を支援しています ムービンはSDGsに賛同し、これからも持続可能な社会の実現に努め、 森林資源や水資源を守る環境保護の取り組みとして、持続可能な森林の再生と管理に貢献しています。

理想のキャリアを手に入れるために全力でご支援させて頂きます

ムービンでは今すぐのご転職でなくても、今後のキャリア形成や、ご転職に向けての中長期的なプランを共に考え、具体的なアドバイスをさせて頂いております。コンサルティング業界にご興味のある方はご自身では気づかれない可能性を見つけるためにも是非一度ご相談ください。

TOPへ

株式会社ムービンストラテジックキャリア

初めての方へ

弊社ムービンをはじめて知った方、はじめてサイトに来て頂いた方に、弊社ムービンの転職サービスについてのご紹介と弊社HPの活用方法をご紹介いたします。

20年以上にわたりコンサル業界に特化したご転職支援を行っています。スタッフも少数精鋭でホンモノの人脈・情報を有しております。

コンサルティングファームはもちろん、国内・外資の大手事業会社をはじめ、ファンド、投資銀行、ベンチャーなど様々な支援実績がございます。

コンサル業界専門だからこそ各コンサルティングファームの圧倒的な情報量を保有しており、戦略系、総合系(BIG4)、IT、人事など外資系日系を問わず、国内大手の有力ファームすべてがクライアント

プライバシーマーク

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

よく見られているコンテンツ

【必見】未経験からのコンサル転職

ノウハウ大公開!
コンサルタント転職・対策方法

【必見】未経験からコンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めての方へ - コンサル転職をお考えの方へ

初めてムービンHPへ来た方へ、弊社のことやサイト活用法をご紹介します。

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

2024年に転職したい方へ コンサル転職対策プライベート相談会

これから何を準備すればいいのか、疑問・不安に思っている方へ「コンサル転職対策プライベート相談会」を開催します。

パートナー 特別キャリア相談会

パートナー 特別キャリア相談会

弊社トップエージェント陣による特別キャリア相談会(1on1)を開催します。

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) Movin Strategic Career Co., Ltd. All rights reserved.

MENU

1分程度の入力で簡単登録できます

コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社ムービン。業界出身者が転職をサポート!

ムービン

まずはキャリア相談から

コンサルティングファーム各社で積極採用中

キャリア相談会

日本初!コンサル業界特化転職エージェント 創業25年以上の転職ノウハウ